みおパンのパン

門司港「天然酵母みおパン」のブログ。国産小麦と自家製酵母・ルヴァン種でつくるパンのお店です。

雑記

しぬまで18 ~言葉の力とパン

わたくし、しぬまで18というスローガンでずっとやっておりまして、 あれはいつの話だったか、 みおパンのお店に「も○ち浜ス○ア」の突撃取材がいらっしゃって おいくつですかとお尋ねいただいた際にも、 しゅくしゅくとその旨を申し上げました。 (もも○浜○ト…

『叫び』とパン ~不安と、それを乗りこえる決意

名画、エドヴァルド・ムンク『叫び』。 驚きや、Oh!Noみたいな表情にも見えなくはないですが、 「不安」がテーマなんだそうです。 さて、たくさんの方たちが日々、 多かれ少なかれ「不安」と戦っているわけです。 不安とは、誰もが持っている(持ちうる)感…

日本酒とパン ~馴染むもの、寄りそうもの(獺祭)

獺祭「純米大吟醸50」 旭酒造の日本酒「獺祭」(だっさい)。 銘酒であります。 発酵食品である「パン」を語るうえで! いにしえより我が国がつちかってきた 発酵技術の粋(すい)である「日本酒」を外すことあいならぬ!と、 学びのために! あくまで学びの…

「わ」になる太鼓とパン ~小倉祇園太鼓

さる金土日(7月20~22日)は、小倉祇園太鼓でした。 土曜のみおパン営業後に、行ってきました。 ・おとな ・少年、少女 ・ちっちゃな子どもさん みんなが、おんなじ太鼓を かわるがわるにドドンドドンと打ちながら、 お祭りの行列は進んでいきます。 太鼓を…

「びびんこ」とは? ~ソシオファンド北九州

一般社団法人「ソシオファンド北九州」の 「びびんこ」説明会に参加してきました。 「ソシオファンド北九州」とは ・北九州がかかえる地域課題 ・社会問題 の解決にむけて活動する「社会起業家」(団体や個人) を支援することを、目的としてつくられた社団…

怒鳴っても、パンの発酵は良くならないです ~「愛の鞭ゼロ作戦」(厚生労働省)

「愛の鞭(むち)ゼロ作戦」 という運動を、すこし前から厚生労働省が展開しはじめています。 子供さんが言うことを聞いてくれないときには、「恐怖」や「力」(=愛の鞭)で従わせようとするのではなく、気もちに寄りそって前むきに育んでいきましょう―― そ…

パンと古武術の関係 ~抜刀術とパンの、種類の少なさ~ (山東派兵法二天一流) 

縁あって、大東流合気柔術とおなじく 師に付いて剣術「山東派兵法二天一流」を学んでいます。 兵法二天一流は、宮本武蔵が流祖の古武術です。 世間一般では、宮本武蔵と言えば「二刀流」でおなじみですが、 当流山東派では ・一刀 ・抜刀術(いあい) ・小太…

魚屋さんとパン ~目の前にあるものを、かつ最高の素材のものを使わせていただく。

魚屋さんの友達がいます。 「これからの時期、○○がうまいよね!」 「もう○○が市場に出始めてねー!」 と、彼と魚の話をするのが 自分はとてもたのしいです。 自身の生まれが港町なので市場(いちば)には馴染みがあったし、 親が魚料理(海鮮・煮魚・焼き・…

ふわふわしたパン「ではない」パン(=ずっしりしたパン)の旨さ

みおパンでは、いわゆる「ふわふわ」としたパンは焼いておりません。 (蒸しパンやエアリー感のあるパンも) みおパンでは ・血となり肉となるべき、身体をつくる糧(かて)としてのパン ・旨いパン(食べたら「あーー食った食った~!」と思えるような。) …

「イヤイヤ期」という言葉への違和感と、パンの発酵

・「イヤイヤ期」別名を募集 という内容の記事を、ニュースサイトで見かけました。 「イヤイヤ期」とは、 2~3歳ごろのお子さんたちの成長の一時期を指して 使われることがある言葉です。 個人的には、 ・イヤイヤ期 ・反抗期 という言葉は使わないように…

「なんだこれ」とパンの関係 ~宇部ときわ公園 野外彫刻

宇部ときわ公園(山口)の、野外彫刻ひろば 一見すると「なんだこれ?」な彫刻ばっかりに見えますが、 この「なんだこれ」は、パンづくりにおいても 非常に大事なものと考えています。 どちらかといえば 「わかりやすい作品」「わかりやすい味」のような、 …

発酵パワーと富栄養! ~「夏の甘酒」(下関酒造)

下関酒造の『夏の甘酒』。 先日みおパンの一周年をぶじに迎えたことで、気が抜けたからか ゴールデンウィーク明けてから大風邪ひいてました。 そんな状況下で、タイムリーに目の前に登場したのが、 発酵飲料の甘酒です。 ・”飲む点滴”といわれるほど「栄養に…

パンと古武術の関係 ~野幕の伝~ (大東流合気柔術)

大東流合気柔術三大口伝(くでん) ・アサガオ伝 ・鷹の爪伝 ・野幕の伝 古武術の稽古を続けてきている中で、ありがたいことに これまでいろいろな教えを授けていただきました。 先ほどの三大口伝も、そのうちの一つです。 この中のひとつ「野幕の伝」は心法…

自家製酵母・パン種の成長と、天然酵母みおパン2年目突入!

この4月29日 、 ぶじにお店の一周年を迎えることができました! ありがとうございます!(^^) みおパン2年目に突入しました! オープン当初から継ぎ足し継ぎ足ししてきた ・自家製酵母 ・パン種(ルヴァン) も、1年たってみて徐々に成長してるのか、 表…

aviciiとEDMとパン(Tim Berglingさん逝去によせて)

youtu.be EDM界の彗星、 avicii(アヴィーチー)ことティム・バーグリングさんが 4月20日に世を去られました。 ベテラン・ルーキー問わず、世界中のミュージシャン達からそのセンスを絶賛され、 でも当の本人は表だって目立つことだけを良しとせず プロデュ…

焼きたて「ではない」パンの旨さ

「焼きたてパン」 わりと多くのパン屋さんで見かけるフレーズです。 もちろん否定するものではないです。 実際に「焼きたて」でおいしいパンがあることは承知してます。 しかし、たとえばスーパーやデパ地下などのパン屋さんで、 夕方で明らかに閉店も近いで…

パンと古武術の関係 ~稽古照今~ (大東流合気柔術)

縁あって、8年前より古武術を学んでます。 ・大東流合気柔術 ・山東派兵法二天一流剣術 「型」――かた――の稽古が中心で、 古流の(昔の日本人の)身体の使い方を学ぶことが 大切な目的のひとつとなっています。 また、昔から伝統的に受け継がれてきた 哲学の…

パンと美味必淡(みょうみひったん)

試作に励んでいます。 なるべく余計な味付けをせず。 いろいろなものを混ぜ入れず。 必要最低限の素材だけでパンができるよう心がけつつ。 「美味必淡」 本当に旨いものは、かならず味が淡いものである。 (=濃い味ではない) 「みょうみひったん」と読み、…

パンこねながら酒造り唄

youtu.be 「パン屋のブログなのに、4~5回に1回は酒の話だ」 「むしろここ数回は、酒の話しかブログに出てきてない!」 でおなじみの、みおパンブログですが、 今日もスミマセン酒の話です! (酒の話と言いつつも、内容はいちおう発酵~パンの話です) …

北九州産ワイン!(ワタリセファーム&ワイナリー)

youtu.be この土曜日、みおパンの店舗営業後に、小倉へ。 ワインのイベント「紫川ワインバル 」に行ってきました! 、、、が、 間に合わず、会場についた時にはイベント終了後、 片付けの真っ最中(>_<) むねん、、、 そんな中、北九州産ぶどうワインの製造・…

日本酒の発酵技法「生酛」と、パンの発酵

大七酒造の純米生酛(きもと)。 日本酒の発酵技法として最高峰に位置する「生酛づくり」を パンづくりにおける発酵に生かすため研究すべく、勉強のために! あくまで勉強のために!!! 今回、私、 清水の舞台から飛び降りる覚悟で、飲まさせていただきまし…

なぜ、国産小麦を使うか

熊本「ろのわ」さんの小麦畑 雑誌やウェブの記事なんかで パン職人さんのインタビューを読んでると、 「日本の小麦は製パン性が劣る」とか 「フランス産の○○(小麦の品種名)がうちで作るこのパンには適してて…」とか けっこう書かれてたりします。 それについ…

箱崎水族館喫茶室 祝!10周年の金字塔

「箱崎水族舘喫茶室」 福岡市東区の九州大学箱崎キャンパス近く、 箱崎商店街のそばにある喫茶店です。 珈琲のおいしさもさることながら、 木のぬくもりが暖かい、すてきな空間です。 ゆったりとしずかに流れる音楽(クラシックが多いです)の中、 壁一面に…

熊本の有機栽培農家「ろのわ」さん訪問

3月22日、春分の日、 熊本の「ろのわ」さんにおじゃまして、 小麦の畑と加工場を見学させて頂きました。 ろのわさんは、熊本の菊池市で 有機栽培で小麦・米・大豆などをつくられている農家さんです。 (ろのわさんの小麦「ミナミノカオリ」全粒粉を、 みおパ…

レトロのランドマーク、国際友好記念図書館が。。(2018年3月閉館)

われらが門司港の、 レトロ地区にあって、ひときわ瀟洒な装いでたたずむこちらの建物。 その名も「国際友好記念図書館」です。 2階・3階が、図書館になっています。 (1階には中華料理屋さんが入ってます) 国際友好記念図書館は、 北九州市と大連市(中…

良かれと思って一方的にやってやしないか

物心つくかつかないかの頃、 さいしょに住んでた家の近くにあった山が、 毎日の遊び場であり、生き方の師でした。 その山には、 グラウンドや公園らしきものもあったけど、 メインはその裏や周囲。 手つかずで、うっそうとした茂みや木々、 草の中にいる虫や…

関門海峡にひそむ何か

それは去年のちょうど今ごろだったか、 みおパンがいよいよオープンする前の、春のあたたかな一日。 和布刈公園ちかくにある名店「若松屋」で名物のおでんを買って、 関門海峡が間近にながめられる階段状のフリースペースに腰かけ のんびり飲み食べしつつ、 …

3.11

白野江植物公園の展望台から。 3月11日です。 震災の日から、はや7年。 たくさんの犠牲者を出し、巨大な爪跡を被災地に残し、 いま7年経って、この国は何か変わったでしょうか。 相変わらず変わっていない無念な部分も多く、 もどかしい気持ちになったり、…

土とパン ~白野江植物公園

白野江植物公園にて 公園の広場では、梅が咲きはじめてました。いやあーすっかり春、、、 その後、15分ほど歩いて展望台へ。 とちゅうの道がソフトに山深く、 登頂歩道のすぐ脇は、むき出しの土と木々。春の山の匂いがそこかしこに漂っていて、とてもいい感…

風師山とパン

門司港の宝、風師山の山頂から。 パンづくりやパン焼きで いろいろ試行錯誤することは とても大事なことだと承知してますが、 「パンだけ焼いてればいいのか!?」といえば 決してそんなこともなく、 それ以外の様々なことこそが むしろ大事であると思っていま…