みおパンのパン

門司港「天然酵母みおパン」のブログ。国産小麦と自家製酵母・ルヴァン種でつくるパンのお店です。

パンと古武術の関係 ~払捨刀~(惣角伝小野派一刀流)

f:id:miopanbread:20190625094949j:image

天然酵母みおパン「ライ麦パン」

 

- 青森県ライ麦 生地中100%

- 白神アグリサービス「風丸農場」直送(いつもありがとうございます!)

- 発酵種は、熊本ろのわ有機小麦でおこした自家製ルヴァンです

 

 

 

余計なものが入らないパン

 

さて、「なるべく余計なものが入っていない」日常の糧としてのパンを食べていただきたく、当店ではつくってお出ししています。

 

冒頭写真のライ麦パンだと、

ライ麦(全粒粉)

・塩

・天然水

・パン種(小麦と水だけで起こした発酵種)

これだけの、必要最小構成でやってます。

 

「素材をいかすパン」をつくるべく試行錯誤をかさねて、

そぎ落としてそぎ落とした結果、こうなった――ということがあるのですが、

これまで稽古してきた「剣術」の影響も少なからずあります。

 

とくに思いかえされるのが

小野派一刀流の「払捨刀(ほしゃとう)」です。

 

 

 

払捨刀

 

大東流合気柔術古武術稽古と並行して、

数年前の一時期、小野派一刀流という剣術の稽古をつけていただいていました。

(惣角伝小野派一刀流

 

小野派一刀流では、その中に「払捨刀」という型があります。

ひとことでいうと「多敵想定」の剣の技法です。

相手のふところを抜けるみたいにして、

「払捨」の字のごとく、刀を「捨てる」ような独特な動きで斬撃します。

 

流派の開祖が、複数敵に包囲されたときに編みだした技だと聞いています。 

絶体絶命!なシチュエーションで「刀を捨てる」=払捨、という解がみちびきだされたことが、とても興味深いと思っています。

 

 

捨てることで、得られるもの。

そぎ落とすことで、得られるもの。

 

そぎ落としたパンをつくりながら、

(パンの素材だけにかぎらず)ほんとうに必要と思われるものだけに、一点突破でフォーカスすることの大切さを感じています。

 

さまざまな「情報」が

まるで洪水みたいにあふれては襲いかかってくる昨今だからこそ、

余計につよく思うのです。

 

 

 

門司港のパン屋 天然酵母みおパン

Webショップcreema」(クリーマ) からパンをご覧いただけます。

 

 

miopan.hateblo.jp

miopan.hateblo.jp